相続の手続きはトラブルに巻き込まれないためにも弁護士に依頼

男女

会社設立を相談しましょう

女の人

手続きを代行してくれます

事業規模がある程度大きくなってくると、個人事業主でも取引先の金融機関から「法人成り」をすすめられるようになります。この「法人成り」とは事業形態を個人から企業へと変更するもので、税制面での優遇措置が受けられるほか社会的ステータスなどもアップするメリットがあります。ただ、この「法人成り」の手続きはとても複雑です。個人事業主が事業を始める場合は事業届を提出だけで済みますが、企業形式で事業を行う際には「会社設立の手続き」が必要となります。この「会社設立の手続き」には「登記」や「定款」が必要です。登記手続きや定款を取得するためには膨大な量の書類を作成して、公証人役場や法務局で認可を受ける必要があります。この手続きは専門的な知識が必要なうえ多大な労力が必要です。そこで「法人成り」を決心した方におすすめなのが司法書士への相談です。埼玉の司法書士に相談すればワンストップで企業設立のサポートが受けられます。まず会社設立の際には社名・本社所在地・事業内容を記した書類を作成する必要があるので、司法書士に相談する際にはあらかじめ準備しておきましょう。社名や事業内容などを記した書類を提出すれば、あとは司法書士が正式な書類にまとめて公証人役場に提出する定款の作成を行ってくれます。定款の提出後は登記登録を作成するため登記費用と印鑑を準備します。登記費用と印鑑を司法書士に預けておけば、あとは法務局に登記登録を申請してもらえるので、その日をもって会社設立が成立します。会社の設立には以上のようなステップが必要となりますが、埼玉の司法書士に相談すれば短期間で会社設立をサポートしてもらえます。また会社設立の費用は決して安くはありませんが、埼玉の司法書士ならリーズナブルな料金で請け負ってくれるのでコストをかけることなくスタートできます。個人事業主の方で会社設立を検討している方は埼玉の司法書士に相談しましょう。