相続の手続きはトラブルに巻き込まれないためにも弁護士に依頼

男の人
男の人

専門家に相談しよう

相続問題を解決したいなら、相続に関して十分な専門性と経験を持つ弁護士を東京で探しましょう。司法書士などの専門家が揃った大規模な事務所であれば、最初から最後まで仕事を全て任せることができるので手間がかからず安心です。

女の人

会社設立を相談しましょう

個人事業主の方で会社設立を検討している方は司法書士に相談しましょう。埼玉の司法書士に相談すればリーズナブルな料金でサポートを行ってくれます。複雑な手続きもすべてワンストップで行ってくれるので、依頼主は社名や事業内容を記した書類や印鑑や手続き費用など基本的なものを準備するだけで済みます。

弁護士バッジ

相続トラブルを未然に防ぐ

相続によるトラブルは近年、急増しています。そのようなトラブルを未然に防ぐためにも相続専門の弁護士に相談し、必要に応じて対策を講じておくことが重要です。またトラブルが発生した場合にも弁護士を雇うことでトラブルを拡大させるといったリスクを下げることができます。

名義変更が必要です

相談

名義変更の方法

遺産を相続するためには様々な手続きが必要になります。不動産の場合は、相続登記をしてその不動産の名義変更手続きをします。まず、遺言状がある場合は故人の遺言書の確認が必要です。遺言書には所有している資産、譲りたい物と相手の名前とが書かれています。公正証書で作成されている場合はそのまま使用が可能です。しかし、手書きの場合は裁判所で検証手続きを受ける必要があります。検証手続きをするのは、全相続人が裁判所に集まり遺言の内容の内容を記録し後の偽造や変更を防ぐためです。この検証手続きの後に、全相続人の戸籍謄本と遺言状を残した個人の戸籍謄本、遺言状、手続き後に発行される検証済証明書を法務局に提出します。遺言状のない場合は、まず相続人同士で話し合う遺産分割協議を行い、誰が何を相続するのかを決定します。これを基に全員が著名、捺印をして遺産分割協議書を作成します。遺産分割協議書を法務局に提出しないと登記はできません。そして登記申請書を作ります。これには、登記簿謄本と固定資産評価証明が必要です。申請書には登記の目的と原因、相続人、添付情報を入力する必要があります。また申請日や申請先、課税価格なども記載しておきましょう。さらに登録免許税や不動産情報を記載します。さらに、登記には添付書類を集めること必要です。故人の除籍または戸籍謄本と相続人の住民票を取得し、相続関係説明図を作成します。これらの必要な手続き、書類の作成。必要書類の用意をして法務局へと登記変更を行います。このように不動産の相続にはさまざまな手続きがあるので、弁護士や司法書士に相談してみることをおすすめします。